展望デッキでじっくりと飛行機を眺める

賑わう空港

展望デッキでじっくりと飛行機を眺める

せっかく成田空港に着いたということになると、やはり飛行機についてじっくりと眺めてみたいという人もいるのではないでしょうか。時間があるということであれば、格安航空券で乗るにしても、飛行機を眺めるのは決して悪いものではありませんし、ぞくぞくするという感覚を味わえるものです。ここでは成田空港の展望デッキでの過ごし方について紹介していきます。

飛行機のバリエーションが多い

飛行機のシルエット
飛行機が好きな人にとっては普段乗ることが少ない飛行機についてじっくりと見てみたいという風に思うのではないでしょうか。
子供連れともなると飛行機に興味を示してくるのではないでしょうか。
成田空港は国際線が主ですので、JALやANA、ジェットスター、バニラエア、ピーチだけでなく、いろいろな国の航空会社に飛行機を見ることができます。
そういう意味でいうと、飛行機のバリエーションが豊富だと言えます。

第1ターミナルの展望デッキは離着陸が見れる

第1ターミナルの5階にある展望デッキは4,000mもあるA滑走路を全体から見渡すことができます。
そのため、離着陸するシーンを見ることができますので、すごく迫力を感じるのではないでしょうか。
午前中であれば出発便のほうが多いですので、第1・第2・第3ターミナルから出発する飛行機がA滑走路から離陸するシーンが見られます。
午後はその逆の到着便のほうが多くなるので、A滑走路と第2ターミナル側の短いB滑走路を交互に着陸のために使用されます。

第2ターミナルの展望デッキは北側と南側に分かれている

第2ターミナル4階の展望デッキについては北側と南側に分かれています。
ここで主に見えるのが飛行機が駐機している様子で、それが北側と南側に分かれているために、展望デッキも結果的に北側と南側に分かれています。
第2ターミナルの展望デッキは飛行機が止まっているところを見るのが主です。
今いるところで飛行機が全く見えないということであれば、逆側の展望デッキに行くと見えるようになります。
北側の展望デッキは第3ターミナルを見ることができますので、7時台と8時台のLCCの出発のピークを見ることが可能です。

飛行機好きなら立ち寄ってみてはいかがでしょうか

せっかく格安航空券で成田空港に訪れたということであれば、じっくりと飛行機を眺めるためにも展望デッキに行ってみるのもいいでしょう。
第1ターミナルのほうは離着陸が見え、第2ターミナルのほうは駐機している様子が見えます。

Similar Posts:

    None Found