成田空港の第3ターミナルは24時間居ることができる

賑わう空港

成田空港の第3ターミナルは24時間居ることができる

格安航空券を利用して成田空港から飛び立とうと思っている人であれば、もしかするとLCCターミナルに当たる第3ターミナルで出発便を待つ必要性がある人もいるのではないでしょうか。LCCであれば早朝に旅立つという可能性もありますので、それに備えて成田空港で前泊したいという人もいるのではないでしょうか。宿に泊まるお金を節約したいのであれば、第3ターミナル内で滞在できるところはあるのでしょうか。

第3ターミナル内は24時間居ることができる

24時間稼働マーク
第3ターミナル内であれば空港でずっと待っていることはできますし、仮眠を取ることもできます。
ただし、深夜であれば空いているショップやフードコートは無く、24時間営業のコンビニしかありません。
第3ターミナル自体がコスト優先で建築された感じではありますので、そんなにベンチがあるというわけではありません。
ただ、ショップやフードコートに関しては4時から営業を再開します。

ベンチが空いていればそこで横になることはできるかもしれませんが、数が少ないために争奪戦になってしまいます。
おそらく23時ごろに行ったとしても第3ターミナル内で仮眠が取れるような場所は無くなっている可能性があります。
有料となりますが、カプセルホテルが有りますので予算に余裕があるならそちらを利用する事も視野に入れておきましょう。

北ウィングウェイティングエリアも24時間居ることができる

第3ターミナル内で横になれるような場所が全て占領されたということであれば、第2ターミナルの第3ターミナルへの連絡通路の入り口付近にある北ウィングウェイティングエリアで待つことができます。
ここであれば第3ターミナルのベンチの少なさが補えるくらいにベンチがありますので、そこでゆっくりと横になって仮眠を取るのもいいでしょう。
自販機コーナーやガイドブック、電源などもあります。

ただし、第2ターミナルの端になりますので、第3ターミナルからは徒歩で10分から15分ほどは歩く必要があります。それにフライト状況の案内板がありませんので、自分がいつ出発するのかということはあらかじめ把握しておくべきでしょう。

24時間居るスペースはある

格安航空券を利用するということであれば、早朝便に関して言えば第3ターミナルから出発をするケースが多いのではないでしょうか。
第3ターミナル内で過ごせるところが無いなら、北ウィングウェイティングエリアで仮眠を取るのもいいのではないでしょうか。
何とかお金を節約したいということであれば、うまい具合に仮眠するスペースを見つけたいものです。

  ← 前の記事: